ブログトップ

愛香音の詩 全100篇

つらら




                     つらら



                  屋根の下につるされて
                  とけた涙でつくられる
                  屋根が泣いているんだ
                  下にいる人を狙っている
                  その透明な姿で

                  だけど本当は優しくて
                  一人の寂しさにがまんしてる
                  冷たい水 冷たい風
                  冷たい風景 冷たい体

                  私はあなたを抱きしめられない
                  あなたを折ることができない
                  抱きしめれば溶けて消えてしまう

                  いつまでも一人 いつまでも冷たく
                  私の心をあたたかくする
[PR]
by fu_ca | 2005-09-11 23:22 | スーパーテレコンバット